履歴書の書き方

履歴書の書き方 イメージ

履歴書の書き方


履歴書は、あなたのことを何も知らない相手先が、
たった紙1枚で今までの人生ごと判断する大事な書類です。


履歴書作りはしっかり行わないとなりませんが、
あまり重要視していないのか、どうでもいいような履歴書をお持ちになる方も散見します。

 

[どうでもいい感じの履歴書とは]

・字がものすごく汚い
→地で字が上手ではない方はたくさんいます。


字が汚いことは決して胸を張れることではありませんが、
汚くても『丁寧に書く』ことは誰でも出来る努力ですね。

丁寧に書けば癖字でも好感は持てます。

せめて文字の大きさを揃えるとか、
高さを合わせるとか、それくらいの努力はしましょう。

『字は体を表す』古い言葉かも知れませんが、面接の場ではまさにその通りです。

・普段着の証明写真が添えられている
→せっかくお金をかけて証明写真を撮ったのに、
あまりにも普段着のような服で写っているのは考え物です。


本当はスーツ姿で撮影が望ましいですが、
無い場合はそれなりの服装で撮影しましょう。

ものすごい柄物や襟首がヨレヨレのだらしない感じの服装はNGです。

また、髪型がぼさぼさのままで写るのも駄目ですね。
きちんと感を出していきましょう。

・空欄ばかり
→長所・短所や趣味特技などを記載する欄に何も書かない人もいます。


項目がある箇所には記載していきましょう。

・志望の動機が適当
→ネット上で拾ってきたような志望動機を書く人がいます。


型にはまった文言なので間違っているわけではないですが、
相手から見ると「いかにも例文を拾って書いただけの志望動機」に見えますね。

多少はオリジナルの動機を入れ、熱意が伝わるようにボリュームアップしていきましょう。


履歴書からは人生や人柄が透けて見えます。

たかが履歴書と、どうでもいい感じで書くのではなく、
きちんと精査して書けば丁寧な人物と思われますし、その方が断然有利ですよ!

頑張っていきましょう。

 

お役立ち情報の一覧へ